teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


+-- 蟲姫物語~永遠の愛 --+

 投稿者:久遠 駿介  投稿日:2009年 3月30日(月)06時42分44秒
  むかしむかし。
ある村に、貧しいけれど心の優しい、「馬吉」という男が
おりました。
馬吉には美しい恋人がいました。
二人は心から愛し合い、それは「永遠の愛」だと信じていました。

ところがある日。
その村の殿が娘を見初め城に上げてしまいます。
二人は引き裂かれてしまったのです。
城に上げられた娘は、毎日泣いて暮らしていました。

馬吉は娘を奪い返そうと何度も城に足を運びますが、
中に入ることすら出来ません。
城の外にまで届く姫の悲しい歌。
そこで彼は、木曾野神社に祀られる蟲に望みをかけました。
たとえ人としての姿を失ってもいい。
馬吉は蟲に、娘への「永遠の愛」を誓い、
「娘を奪い返したい」と願います。

蟲は男の心に入り込みます。
男は蟲に姿を変え、城に忍び込みました。
やっとたどり着いた姫の部屋。
だが、殿にみつかり踏み潰されてしまいます。

そんな事を知らず、娘は殿の優しさ、愛情に幸せを感じ
少しずつ馬吉を忘れていきました。
姫と殿はたくさんの子供に恵まれ、幸せに暮らしていました。

男が人の姿に戻った時には、すでに長い年月が過ぎ、
殿は亡くなっていました。

やっと会えたね。

ところが・・・
老いた彼女は、彼のことをすっかり忘れていたのです。
男は彼女になんとか思い出させようと想いを語りましたが、
それでも彼女は思い出しません。
そしてある日、彼女は静かに息をひきとります。

悲しみに暮れる男を心配そうに覗き込む幼子がいました。
それは殿と娘の間に生まれた最後の子供であり、
たった一人の女児、「雪姫」でした。
幼い雪姫は母君の死をまだ理解出来ず、無邪気に
振り舞います。
その愛らしい笑顔。
それは昔、自分の隣でいつも優しく微笑んだ、
あの笑顔によく似ていました。
男は「雪姫」を自分の愛した女性の生まれ変わりと思い込み、
城から連れ出してしまいます。
そして姫を自分の生まれ故郷に隠し、彼女が成人するまで
眠りにつきます。

長い眠りから目覚めた馬吉は、大人になった雪姫を
迎えにいきました。
ですが彼女は、あの「殿」の生まれ変わりと一緒になり
城に入っていたのです。

彼のたった一つの願い。「殿から姫を奪い返す」。
雪姫の前に姿を現す馬吉。
大人になった姫は昔男が愛した女性にそっくりでした。
雪姫は彼のことを覚えているはずもありません。
ですがなぜか男に惹かれてしまいます。
彼女に流れる母の血、母の遠い記憶が
そうさせたのでしょうか。
姫は夫と城を捨て、二人は幸せな時間を過ごします。
雪姫は子供を宿しました。
ところが姫はある日突然「あなたとの事は気の迷いだった」
と言い、殿の元へ帰ってしまいました。

「なぜ?」
あの日永遠の愛を誓ったのに。
自分の想いはあの時と少しも変わらないのに。
彼女はあの幸せだった日々を、私のことを、
忘れてしまったのか?

「あの男のせいで・・・」。
自分から2度も愛する女性を奪った殿への憎しみを、
止めることは出来ませんでした。

男の心に住む蟲は、こう告げます。
「お前の愛する娘は雪姫ではない。
 雪姫はお前でなく殿を選んだ。お前を裏切ったのだ。
 もうすぐ雪姫に娘が生まれる。
 その日が来たら雪姫を生贄にし、
 幼子をあの神社に連れてくるのだ。
 その娘が成人した時に
 お前の愛した女に逢えるであろう」

男はその時が来るまで
自分の悲しみを癒すように眠りました。

男が目覚めると、既に5年の月日が流れていました。
愛しい雪姫との再会。
ですが姫は男の姿を見ると恐怖に怯え、
殿の後ろに隠れてしまいます。
やはりこの姫は私の愛した女ではなかった・・・。
何もかも全て殿のせい・・・。
男は殿に怪我を負わせ、雪姫に手かせをはめ、
城の地下に隠した棺に閉じ込めてしまいます。

「いつかもう一度出会える時まで、僕は君を待ち続けている。
それまでは少しだけサヨナラだ」

男は雪姫の中に一度は見た、最愛の女性につぶやきました。
そして男は、城に火をつけ、幼い娘と姿を消します。

雪姫はなぜ自分がこのような苦しみを受けるのか
わからないまま、棺の中で息を引き取ります。
その苦しみは、のろいとなり、男に永遠の命を授けます。
男は、歳をとらず、死ぬこともなく、呪われた命を手にしました。

男は幼い娘を神社に連れていき、永遠の愛を誓います。
娘は、蟲の儀式を受け、その日が来るまで記憶を封印されます。
その娘を故郷に隠した男は彼女が成人するまで眠りにつきます。
今度こそ、最愛の女性に再会することを夢みながら・・・。
 
 

蟲姫物語

 投稿者:久遠 駿介  投稿日:2009年 3月30日(月)06時41分30秒
  人が死ぬのは
心臓が止まる時じゃない

脳が止まる時でもない

人が死ぬのは忘れられた時だ

愛した人のことを 忘れずにいれば
その人は いつまでも 生き続ける

記憶の中で いつでも 会えるよ

だから 死ぬことは
少しだけ サヨナラすることだ
 

人間

 投稿者:ファンタジー・マサトックス  投稿日:2003年11月11日(火)14時06分45秒
  我々、人間は植えや川,木
そして病と戦いながら、やがて老い死んでいく。
だからこそ一瞬・・・美しく輝く命。
苦しみの中にこそ暖かく感じることが出来る幸せ。

人の営みの音。町のざわめき。夕げの香り。過去の記憶。
何でもないものに勝る喜び、幸せ・・・

何と魅力的なことだろうか・・・
 

静けさの前。

 投稿者:銀河鉄道の夜。  投稿日:2003年 6月21日(土)02時32分8秒
  無いことは恐ろしくない。



それしか無いことが恐ろしい。



理解できる?
してほしいのに。



停滞する雲は、
嵐が動かす。
 

ともし火

 投稿者:サトシ  投稿日:2003年 6月17日(火)19時13分14秒
  会えた予感がした
幻と嘘と熱望
空虚と虚無と不感症
オザキに耳を傾る
人を愛すまっすぐさってなんだろう
周囲が動いている
俺がうごかない
動けない
わからない
 

不吉な予感が・・・

 投稿者:幻夢MASATOX  投稿日:2003年 6月 5日(木)01時26分26秒
  最近なぜかものすごく嫌な予感がする

俺の中で今までにない哀愁が漂っている

悪寒が消えない・・・怖い・・・

その先に待っているのは一体・・・
 

人の生き方。

 投稿者:銀河鉄道の夜。  投稿日:2003年 6月 4日(水)23時01分50秒
  勝手な想像。

自由な発想。

過大な妄想。

そのままで

行けそう。

 

(無題)

 投稿者:サトシ  投稿日:2003年 6月 3日(火)12時26分32秒
  記憶が膨らみ
過去を越える

出来事を忘れそうになる
物語が作られている

無意識の捏造に心が書き換えられていく

 

愛。

 投稿者:銀河鉄道の夜。  投稿日:2003年 5月29日(木)00時14分18秒
 




あなたの愛はあちらへ零してこちらで停滞。

汗ばむ季節となりました。

自分とあなたがどちらに勝ろうとも悲しくなるのは必然です。

それならば必ず最後には私が犠牲になりましょう。





それを愛と呼びましょう。
 

他に道はあっただろうに

 投稿者:サトシ  投稿日:2003年 5月28日(水)12時17分38秒
  深く考え過ぎて消える恋に
意味を求めすぎたあの日の自分に
傷つけられた人々がいて
そんな事実が心苦しい

そんな日々が胸で香る
 

レンタル掲示板
/10