teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/14 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

政治

 投稿者:にんかん  投稿日:2009年 9月27日(日)14時58分38秒
  通報 返信・引用
  007年度で税収45兆円、歳出額80兆円で、これは月収45万円の人が、借金をして月80万円使っているのと同じ状態だ。

借金は、「国債」という形で国民や、(海外も含む)投資家、投資企業から賄われており、満期日には利息を付けて返済しなければならないが、返すお金が無いので新たな国債を発行して返済の資金を確保しており、「借金の返済に借金している」という自転車操業の状態だ。

しかし、新しく発行する国債の買い手がいなくなったらと思うと恐ろしい。

多額の米国債があるが、利子がつくどころか、ドル建てとなっている為、円高により大幅に損となっている。また、これを多量に売ると、アメリカと戦争になりそうなので、実質的には米国債は、アメリカへの資金援助であり、日本の多額の借金はどうするのだろう...。

日本の政治家は、何をやってきたのだろう?道路をほじくり返したり、天下りして間接的に税金から不労所得を得てる場合では無いのではないか?

(役所は自分も将来天下りたいので、高くても天下り先から物品を購入するが、これは国民の税金から支払われている。 天下りをすると、本人の能力ではなく、天下り関係のコネで多額の給料と退職金をもらうという事を何度も繰り返すそうだが、天下りをした人数と退職金などの金額をかけると、一体いくら、血税が彼らの懐に入っているのだろう。

ああ、まともな人はいないのか?
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/14 《前のページ | 次のページ》
/14