teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


発達協会 主催 2020年 春のセミナー

 投稿者:公益社団法人 発達協会  投稿日:2019年11月29日(金)15時45分48秒
  「春のセミナー」開催のお知らせ

 発達障害・知的障害のある子どもへの理解、指導・支援法、また保護者への理解・支援等について、実践豊富な講師陣から学ぶセミナーです。各セミナーは1日単位の開催で、1講座からお申し込みいただけます。「心理検査」、「吃音や場面緘黙」、「あそび」、「愛着障害」といったニーズの高いテーマのほか基礎講座、また「チック・トゥレット症、強迫性障害、摂食障害」「情動調整の発達」をテーマにしたセミナーも新規開講いたします。皆様のご受講を心よりお待ちしております。


対象
特別支援学校・特別支援学級・通級・通常学級、幼稚園・保育園、児童発達支援・放課後等デイサービスの先生、発達障害・知的障害のある子と関わるセラピスト、指導員、保健師、ご家族など

2/1(土)
A WISC-Ⅳを用いた評価法と指導・支援への活かし方-報告書を書くときのポイントも含めて
B 応用行動分析から学ぶ療育の基礎-コミュニケーションと行動面の課題を中心に

2/2(日)
C 大人に反抗する子をどう理解し、関わるか‐発達障害の二次的な問題、反抗挑戦性障害、愛着障害等、その背景を知ることから
D 吃音や場面緘黙のある子どもの育ちを支える-「話したいのに上手く話せない」子への対応

2/15(土)
E 「対応の難しい」保護者と、「不適切な養育」を受けた子どもへの支援-発達障害のある子のケースを中心に
F あそびを通した発達支援-ソーシャル・スキルと感覚を中心に

2/16(日)
G 自己認知への発達支援-「被害的な考え」「過剰な思い込み」等をする子への対応
H 不注意な子への理解と支援-「集中困難・忘れっぽさ・過集中」のメカニズム

2/23(日)
I  愛着障害と発達障害-求められる支援とは
J  NEW! チック・トゥレット症、強迫性障害、摂食障害-発達障害に併存しやすい障害について学ぶ
K NEW!情動調整の発達と情動・感情のコントロール-レジリエンスも含めて


時間 受付 9:30~ 各日10:15~16:20
受講料 各10,000円(税込)<正会員、賛助会員は9,000円(税込)>昼食代は含まれておりません
会場 東京ファッションタウン(TFT)ビル 東館9階 研修室 東京都江東区有明3-6-11
東京ビッグサイト駅(ゆりかもめ)徒歩1分・国際展示場駅(りんかい線)徒歩5分
定員 各80~250名(定員になり次第、随時締め切ります)

http://www.hattatsu.or.jp/haruno_seminar_new.html

 
 

発達協会主催 2019年2019 秋のセミナー 指導力・支援力向上セミナー

 投稿者:公益社団法人発達協会  投稿日:2019年 8月20日(火)16時44分14秒
  発達障害・知的障害のある子どもへの理解、指導・支援法、また保護者への理解・支援等について、実践豊富な講師陣から学ぶセミナーです。各セミナーは1日単位の開催で、1講座からお申込いただけます。「心理検査」、「遊び」、「音楽療法」、「感覚」、といったニーズの高いテーマのほか基礎講座、また「感情と欲求・動機付け」をテーマにしたセミナーも新規開講いたします。皆様のご受講を心よりお待ちしております。

対象:特別支援学校・特別支援学級・通常学級(通級)、幼稚園・保育所、児童発達支援事業・放課後等デイサービスの先生、OT、ST、公認心理師、心理職、指導・支援員、保健師、ご家族等

《受講料》各10,000円(税込)(会員9,000円(税込))
会場:東京・有明のTFTビル東館   時間:10:15~16:20(受付開始 9:30~)
アクセス:ゆりかもめ「東京ビッグサイト」駅より徒歩1分/りんかい線「国際展示場」駅より徒歩5分

10月19日(土)
秋1 発達障害・知的障害がある子の感情と欲求・動機付け
   ―その障害と求められる関わり方とは NEW
S1 発達障害・知的障害のある子の保護者について学ぶ
   ―メンタルヘルス、コミュニケーション、ペアレント・トレーニングを中心に

10月20日(日)
秋2 愛着形成・トラウマ・双極性障害への理解と対応―発達障害との関連も含め
秋3 発達障害・知的障害のある子の「感覚」への対応―感覚統合と動作法からのアプローチ
S2 ADHD・ASDの子どもへの学童期の指導―社会性の課題を中心に(35名限定)

10月26日(土)
秋4 音楽療法と動作法を用いた発達支援―心と身体へのアプローチ
S3 知的障害・発達障害のある子のほめ方・叱り方・伝え方―合理的配慮の視点も含めて

10月27日(日)
秋5 指導に活かす発達の評価―WISC‐Ⅳを中心に
秋6 衝動的な行動への理解と対応―約束の伝え方も含めて
S4 自閉症スペクトラム障害の子どもへの幼児期の指導―家族との連携も含めて(35名限定)

11月9日(土)
秋7 遊びを通して発達を促す―生活動作、学習、コミュニケーションの力を中心に
秋8 発達障害・知的障害のある子どもの家族への支援―児童虐待への対応も含めて

11月10日(日)
秋9 脳の働きをふまえた発達支援―「注意」へのアプローチを中心に
秋10幼児期・学童期に育てたい集団参加の力―衝動的な子への対応も含めて

★お申込み方法
《申し込み》お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。
      ・電話:03-3903-3800
      ・Fax :03-3903-3836
            ・HP :http://www.hattatsu.or.jp/
《ご注意》 ・同じ日程で開催されるセミナーを申し込むことはできません。
     ・申し込みの殺到が予想されるセミナーもございます。お早めにお申し込み下さい。
《時間》各日10:15~16:20
《定員》各35名~250名(定員になり次第、随時締め切ります)
《会場》東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室
    東京都江東区有明3-6-11
《受講料》各10,000円(税込)(会員9,000円(税込))

http://www.hattatsu.or.jp/

 

発達協会主催 2019年 実践セミナー開催のご案内

 投稿者:公益社団法人発達協会  投稿日:2019年 4月26日(金)16時45分50秒
  発達障害・知的障害のある子どもへの理解、指導・支援法、また保護者への理解・支援等について、実践豊富な講師陣から学ぶセミナーです。

7月26日(金)・27日(土)
A ことばの育ちを支援する-評価法と多様な側面への理解と支援
B 脳の働きに配慮した指導の実際―神経心理学の視点から認知機能について理解を深める

7月28日(日)・29日(月)
C 子どもと関わる先生のための家族支援講座―愛着障害への理解も含めて
D 発達の評価を学ぶ―知能検査・神経心理学的アセスメントの概要と解釈法

7月30日(火)・31日(水)
E コミュニケーション特性への理解と支援―学校生活への合理的配慮 NEW
F 知的障害・発達障害のある子への保育・療育―関わり方の基本と領域別指導法

8月1日(木)・2日(金)
G 発達障害・知的障害がある子の「感覚」と認知について学ぶ
  ―リラクセーションのための働きかけも含めて
H 「不器用さ」への理解と支援―家族支援を含めて

8月3日(土)・4日(日)
I  LD(限局性学習障害)のある子への学習支援―視覚認知への理解も含めて
J 基礎から学ぶ発達障害・知的障害―領域別の指導の実際

8月5日(月)・6日(火)
K 「行動の問題」の見方と対応の実際―多面的な理解とアプローチ
L ダウン症への理解と生涯発達をふまえたサポート―出生前診断に関する諸問題も含めて

8月7日(水)・8日(木)
M 特別な関わりが必要な子への保育・幼児教育―子どもへの合理的配慮を含めて
N 発達障害・知的障害がある子の思春期・青年期―中学・高校生期の取り組みを中心に

★お申込み方法
《申し込み》お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。
      ・電話:03-3903-3800
      ・Fax :03-3903-3836
            ・HP :http://www.hattatsu.or.jp/
《ご注意》
・各セミナーは、2日間に渡って開催いたします。
・同じ日程で開催されるセミナーを申し込むことはできません。
・申し込みの殺到が予想されるセミナーもございます。お早めにお申し込み下さい。
《時間》各日10:15~16:20
《定員》約300名(定員になり次第、随時締め切ります)
《会場》東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室
    東京都江東区有明3-6-11
《受講料》各15,400円(税込)(会員13,860円(税込))

http://www.hattatsu.or.jp/

 

自閉症の子どもや大人の不安やストレスを減らす7つ道具セミナー

 投稿者:合同会社ABC研究所  投稿日:2019年 3月22日(金)18時52分1秒
  自閉症の人の不安と混乱を減らす7つの視覚的支援について、
実際の教材で受講者同士で練習しながら紹介します。

と き:4月28日(日)10:00-16:00
場 所:RCC文化センター
講 師:今本繁
定 員:40名
参加費:10,000円(税込み)
主 催:合同会社ABC研究所

当事者・保護者は半額です。
お仲間と同時にお申し込みされると割引します!

<お申し込み>
お名前・所属・職業・連絡先を明記の上
メール:simamoto66@gmail.comか
FAX:093-330-4239
でお申し込みください。

http://www.abclab15.com

 

春のセミナーのご案内

 投稿者:公益社団法人 発達協会  投稿日:2018年11月16日(金)16時42分51秒
  ■支援者向け【2019年 発達協会春のセミナーのご案内】2/2~2/24■

発達協会が主催する春のセミナーのご案内です。発達障害・知的障害のある子の指導に役立つ具体的な内容を現場経験豊富な講師陣よりお話しいたします。

《時間》各日10:15~16:20
《定員》各80~250名(定員になり次第、随時締め切ります)
《会場》東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室
    東京都江東区有明3-6-11
   りんかい線「国際展示場」駅より徒歩5分
   ゆりかもめ「国際展示場正門」駅より徒歩1分
《受講料》各9,050円(税込)(正会員、賛助会員は各8,220円(税込))

★お申し込み方法など、詳しい情報は当協会HPよりお待ちしております!
 http://www.hattatsu.or.jp/

2月2日(土)
A 応用行動分析から学ぶ療育の基礎-コミュニケーションと行動面の課題を中心に
B あそびを通した発達支援-ソーシャル・スキルと感覚を中心に

2月3日(日)
C ワーキングメモリに配慮した学習指導-算数と読み書きを中心に
D 心理検査を用いた評価法と指導・支援への活かし方-WISC-Ⅳを中心に

2月16日(土)
E 自己認知への発達支援-「被害的な考え」「過剰な思い込み」等をする子への対応
F 「対応の難しい」保護者とその子どもへの支援-発達障害のある子の家庭を中心に

2月17日(日)
G 愛着障害と発達障害-求められる支援とは
H 不注意な子への理解と支援-「集中困難・忘れっぽさ・過集中」のメカニズム

2月24日(日)
I 吃音や場面緘黙のある子どもの育ちを支える-「話したいのに上手く話せない」子への対応
J 大人に反抗する子どもをどう理解し、関わるか-発達障害の二次的な問題、反抗挑戦性障害、愛着障害等、その背景を知ることから

http://www.hattatsu.or.jp/

 

自閉症支援7つ道具

 投稿者:ABC研究所  投稿日:2018年 4月 4日(水)11時19分50秒
  視覚的スケジュールや活動の手順書の示し方やトークンシステム、表出のコミュニケーションなどの視覚的支援をどうやって教えるのかについて解説と練習を交えて学んでいきます。

日 時:平成30年5月27日(日) 10:30~16:30(受付10:15)
会 場:POS CAFE2階 (岩国市麻里布町2-9-24 岩国駅徒歩5分)
講 師:今本 繁(臨床心理士・自閉症スペクトラム支援士EXPERT)
定 員:30名
参加費:10,000円(税込み)団体割引があります
主 催:合同会社ABC研究所
   北九州市戸畑区元宮町7-16-102
   電話:093-287-7662 FAX:093-330-4239
   メール:simamoto66@gmail.com
<申し込み方法>
FAX・メール・電話でお申し込みください。その後案内を送ります。

http://www.abc-lab15.com

 

平成30年4/30-9つの重要なコミュニケーションスキル

 投稿者:★ピラミッド教育ジャパン★  投稿日:2017年11月13日(月)17時19分33秒
  ★お知らせ★平成30年年末までの【9つの重要なコミュニケーションスキルを教える】開催は現段階では4/30のみで計画致しております。この機会にご参加をご検討くださいませ。お席に数の限りがございますので、お早目のご登録でお席を確保されてください。ご登録お待ち致しております。なお、広島会場での新たな開催決定の際には再び皆様にお知らせ致します。

■コミュニケーション障害のある子どもたちが自立した生活を送るために、必ず身につけてほしい2つのコミュニケーションスキルがあります。一つは、人へ大切なメッセージを伝える“表出のコミュニケーションスキル”です。自分の意見や要求が効果的に、また落ち着いて伝えるときや、行動上の問題を予防するときに重要なスキルです。もう一つは、人から伝えられた重要なメッセージを理解する“理解のコミュニケーションスキル”です。 “待つ”、“指示にしたがう”、“スケジュールに従う”そして“活動間の切替”などのメッセージを理解することができず、行動上の問題をおこしてしまう子どもや成人の方はたくさんいます。そういった行動上の問題を軽減するために必要なコミュニケーションスキルです。なぜこの 9 つのスキルが一番重要で最優先されるべきかを説明し、そのスキルの教え方を実演、ビデオ視聴、ロールプレイを通してお伝えいたします。

■平成30年4月30日(月・祝)広島会場■
受付:9:00 受講時間:9:30~17:00予定 会場:広島YMCA国際文化センター
〒730-8523 広島県広島市中区八丁堀7-11
TEL:082-227-6816

※※受付、受講時間は多少変更する場合がございます。
当日の詳しいスケジュールはワークショップ1週間前に案内状にてご案内いたします。

↓↓お申し込み・ご質問はこちらまで↓↓
ピラミッド教育コンサルタントオブジャパン株式会社
〒803-0835 北九州市小倉北区井堀3-6-32
TEL: 093-581-8985 FAX: 093-980-1923 メール:pyramidjp@pecs.com
※オンライン登録は受講料がさらに5%お得になります(クレジットカード決済の場合)
http://www.pecs-japan.com/

http://www.pecs-japan.com/documents/e-hiroshima04302018.pdf

 

平成30年4/28.29-PECSレベル1ワークショップ

 投稿者:★ピラミッド教育ジャパン★  投稿日:2017年11月13日(月)17時05分24秒
  ★お知らせ★平成30年PECSレベル1広島での開催は4/28.29と年末まであともう一回の合計2回を予定致しております。この機会にご参加をご検討くださいませ。お席に数の限りがございますので、お早目のご登録でお席を確保されてください。ご登録お待ち致しております。

■子どもや成人の方とのコミュニケーションを楽しみましょう!■
PECSとは、日常生活に必要なコミュニケーションを教えていくものです。ほしいものの名前を言うことはあっても伝えに来ることがない、お母さんには理解できるけど他の大人には何を言いたいのか分からない、伝えたいことはあるのだが話し言葉をもっていないため伝える手段がないなどコミュニケーションに課題をもっている子どもや成人の方が年齢を問わず、障害種別を問わず使っていくことができます。 PECSは6つの段階で構成されており、日常生活の中で自分からほしいもの、必要なものを要求すること(自発的な要求行動)から教えていきます。この手法は、研究でも実証されている応用行動分析の概念を使っているため、子どもは有効的に効率よくコミュニケーションについて学ぶことができるのです。

■平成30年4月28日(土)& 29日(日)広島会場■
受付:9:00 受講時間:9:30~17:00予定 会場:広島YMCA国際文化センター
〒730-8523 広島県広島市中区八丁堀7-11
TEL:082-227-6816

※※受付、受講時間は多少変更する場合がございます。
当日の詳しいスケジュールはワークショップ1週間前に案内状にてご案内いたします。

↓↓お申し込み・ご質問はこちらまで↓↓
ピラミッド教育コンサルタントオブジャパン株式会社
〒803-0835 北九州市小倉北区井堀3-6-32
TEL: 093-581-8985 FAX: 093-980-1923 メール:pyramidjp@pecs.com
オンラインでのお申し込みはこちらから

http://www.pecs-japan.com/documents/e-Hiroshima_000.pdf

 

自閉症コミュニケーション7つ道具

 投稿者:今本繁  投稿日:2017年10月24日(火)19時16分26秒
  日 時:平成29年12月24日(日) 10:00~16:00(受付9:45)
会 場:博多バスターミナル9階 (福岡市博多区博多駅中央街2-1 博多駅徒歩5分)
講 師:今本 繁(臨床心理士・自閉症スペクトラム支援士EXPERT)
定 員:40名
参加費:10,000円(税込み)団体割引があります
主 催:合同会社ABC研究所
   北九州市戸畑区元宮町7-16-102
   電話:093-287-7662 FAX:093-330-4239
   メール:simamoto66@gmail.com
<申し込み方法>
FAX・メール・電話でお申し込みください。その後案内を送ります。

http://www.abc-lab15.com

 

自閉症の教材作りのコツ

 投稿者:今本繁  投稿日:2017年10月17日(火)22時32分39秒
  日 時:平成30年2月11日(日) 10:00~16:00(受付9:45)
会 場:広島オフィスセンター (広島市南区東荒神町3-35 広島駅南口徒歩8分)
講 師:今本 繁(臨床心理士・自閉症スペクトラム支援士EXPERT)
定 員:40名
参加費:10,000円(税込み)団体割引があります
主 催:合同会社ABC研究所
   北九州市戸畑区元宮町7-16-102
   電話:093-287-7662 FAX:093-330-4239
   メール:simamoto66@gmail.com
<申し込み方法>
FAX・メール・電話でお申し込みください。その後案内を送ります。

http://www.abc-lab15.com

 

レンタル掲示板
/13